新設合併

英語:consolidation-type merger 読み:しんせつがっぺい

新設合併とは合併の種類のひとつで、複数の会社が清算手続きをせずに解散し、対象となる会社の全ての資産を設立した新設会社に承継させること。
新設合併には、吸収合併について手法の実質的な採用理由や当事会社の実態とは別に、解散した会社が劣後的な立場で、承継した会社が優越的な立場というような時々持たれる短絡的なイメージを軽減するなどのメリットもある一方で手続き等が多く手間がかかり、コストも余計にかかります。また、対価として受け取れるのは基本的に現金ではなく新設会社の株式や社債等になるので、経営者が引退を目的として合併をする場合はメリットがなくなります。そのような現状から吸収合併の方が多く選択されています。

関連記事