事業譲渡・事業譲受

英語:Asset Purchase 読み:じぎょうじょうと・じぎょうゆずりうけ

事業譲渡・事業譲受とはM&Aの手法の一つで、複数の事業のうち全てもしくは特定の事業を切り離して第三者に譲渡すること又は譲り受けること。
買い手の立場からM&A手法を整理すると、株式の取得と大別して事業の取得があり、後者のうち組織再編によらないものと位置付けられます。

具体的には、事業に関連する資産、負債、人員、取引先、契約などが譲渡対象となります。また、対象となる事業が独立で切り離せることはまれで、管理部門の業務・サービス(経理・システム等)に関する費用、他の事業を兼務している従業員の業務・費用の振り分けなど固有の論点が発生し、事業価値評価・分析、手続に影響します。

買い手側にとっては必要な店舗や事業などを切り取って譲受けすることができたり、会社に紐つく税務リスクの承継を回避できるなどメリットがある一方で、権利や義務などの引継手続が個別に必要になります。

関連記事