独占交渉権

読み:どくせんこうしょうけん  英語:Exclusive Right 

独占交渉権とは、買い手側の企業は売り手側企業に対し他の買い手候補企業を排除して一定期間独占的に交渉できる権利のこと。基本合意書の内容に含まれることが多い。一般的に買い手側は、基本合意締結後、会計士・弁護士など専門家を起用し費用を投じて調査をするため、不用意に乗り換えられることを懸念し独占交渉権を得ることを強く望み、期間も相当程度長期間である。一般的に売り手側にとっては、独占交渉権を付与しない、もしくは短期間であることが交渉力を維持するためにも望ましい。

関連記事