会社更生法

読み:かいしゃこうせいほう  英語:Corporate Reorganization Act

会社更生法とは、現状経営が破綻しているが、再建の可能性がある企業を清算せずに更生させることを目的とした法律のこと。裁判所が選任した管財人が監督となり更生計画を立て、対象会社を立て直す。

民事再生法とは異なり、対象は株式会社のみで、原則経営陣の交替が必要となる。一般的に時間やコスト面から会社再生法を適用するのは大企業が想定されている。

関連記事