|M&Aサービスについて|
SERVICE

M&Aによって
「時間を買う」という選択肢

M&Aを買い手側の視点で見た場合、最大のメリットは、一言で言って「時間を買う」ことだと言われています。つまり、設備投資をして、人材を育成し、その設備で生産性を上げて収益化にたどり着く代わりに、既存の設備と人員が整った企業を買収し、すぐにその利益を享受することができる、ということです。

もちろん、M&Aにはそれ以外にも様々なメリットがあります。ただ、これらのほとんどは、本質的には「時間を買う」ことと同じと言えるかもしれません。

新規事業を買う

  • 大企業が買うケースが多い
  • イノベーションのジレンマ打破のため
  • 一方、ライバル潰しのために行われることも

シナジーを買う

  • 既存事業との関連性に基づく収益化や売り上げ増を期待
  • 顧客ターゲットが近い商品を提供する企業の買収など

人材を買う

  • 専門家や資格保有者など企業に属する人材を求める

資金調達力を向上させる

  • 特に上場企業で、M&Aのアナウンス効果による株価上昇を狙う
  • 信用力向上により調達面のハードルを下げる

シェアを買う

  • 同業の買収により、マーケットシェアを向上させる

財産を買う

  • 保有不動産や固定資産などを狙った買収
  • 場合によっては、“切り売り”になる

権利・許認可・既得権を買う

  • 必ずしも財務諸表に反映しない権利(主要取引先とのコネクションに基づく取引口座など)を買う

後継者を買う

  • 優秀な若い人材を外部から招き入れるために企業ごと買収し、後継者に据える

販売拠点を買う

  • 海外などの販路開拓の代わりに企業買収

リスク分散の視点

  • 多角化して事業リスクを分散させる(「選択と集中」の逆の考え方)

節税のため

  • 黒字企業が累積欠損金のある赤字企業を買収することで、節税メリットを享受する

何のための企業買収かをはっきりさせる
企業の買収を考える場合、先に「どのメリットを狙おう」「どの企業を買収しよう」と考えるのは、本来のあり方とは言えません。そうではなく、「今の会社の事業をどうしていこうか」が先にあり、その解決策として、「こういう企業を買収できれば、うまく行くのではないだろうか」と考え、具体的な企業を探す、というのが正しい流れなのです

買い主が気にすべき4つのポイント

1経営計画、方針と適合していますか?

まずは、目的を明確化することです。経営計画、方針と照らし合わせ、経営課題の解決のために現状足りない部分を埋めることができる相手なのかを見極めるようにしましょう。

2交渉条件に固執しすぎていませんか?

交渉条件に固執せず、売り手企業に心を配り、M&Aを望む本当の理由(従業員の雇用維持、引退後の資産形成、引退後計画)を大事にすることが必要です。

3社風、企業文化を受け入れる姿勢はありますか?

社風や企業文化が合うかどうかが、買収後運営が円滑に進むか否かに与える影響は少なくないです。それゆえ、社風、企業文化に親和性がある相手と取り組めるならそれに越したことはありません。
一方で、社風、企業文化は、多種多様でまったく同じということはありません。

4アフターM&Aを考えていますか?

資金が買収後にも必要になります。例えば、最近はPMI(Post Merger Integration)と呼ばれるM&A後にシナジーをきちんと実現させ企業価値を向上させるためのプロセスが大事だと言われています。