M&Aによる売却はタイミングが非常に重要

オーナー経営者の皆様はご自身が引退した後も会社を継続していくには、M&Aによる売却が大きな課題となるのではないでしょうか。

そしてM&Aを考え始めた時に重要な検討事項となるのが、M&Aのタイミングです。

M&Aの検討は早ければ早い方がいいとよく聞きます。しかし、会社の状況によってはいくら早くても適切なタイミングではない場合もありますので、どのタイミングが自社にとって最適なのか考えてみましょう。

業績が悪化しているなかで事業承継に適切な年齢だからと無理に会社を売却しても、自社にとって悪い条件で売却することになってしまう場合もあります。業績は悪化していても、経営者様に事業意欲があるうちは無理に売却はせずに、まずは業績向上を目指し、回復した段階で売却した方が良い条件になる場合もあります。

しかし、業績が悪化し回復の見込みもない場合は売却が可能なうちに売却しなければ、倒産や廃業に追い込まれるケースもあります。(それでは、創業者利得を得るどころか、共に頑張ってきた従業員の方々の雇用を守ることや、取引先様との関係を守ることもできません。)

上記のようにM&Aによる売却の適切なタイミングは企業によって様々です。

事業承継M&Aのタイミング.PNG

よりよい条件で売却するために早めの検討を

実際多くの経営者様がM&Aによる売却を考えるタイミングはご自身の年齢や体調など、限界を感じた時だと思います。

しかし、限界を感じてから引退について考え始めても後継者が育っていない、後継者候補がいないなど問題に直面することが多いです。

そのような問題を回避するために、ご自身に不安がない段階から徐々にM&Aによる事業承継について早めの検討をはじめるのが大切です。

業績が好調なうちから検討を始めることで、希望条件に沿ったお相手探しができたり、希望した価格より高く売却できる場合があるなどメリットが非常に多くなります。弊社のお手伝いをした案件においても、業績好調で、まだまだ元気で事業意欲旺盛なオーナー経営者様が、株式の承継後も承継先様から、経営をお任せされているケースもあります。中期的な事業承継を見据えてのご判断でした。

また、業界再編の動きが活発な時期も売却の適切なタイミングといえるでしょう。

業界再編が活発な時期も第三者へのM&Aによる売却を実施する際に自社に良い条件で譲渡できる可能性が高くなります。

このように自社にメリットが多いタイミングでM&Aを実行するために、早いタイミングからアドバイザーなどに相談し、希望通りのM&Aを実行できるよう準備しておきましょう。

関連記事