|M&A事例|
CASE

安心して事業を託せるお相手をご紹介いただきました

事業譲渡

譲渡元企業

会社名:株式会社ユアルート
業種 :物流事業及びITソリューション事業
所在地:神奈川県横浜市
代表取締役社長
玉谷 風輝 様
譲渡対象事業:記事作成代行事業

譲渡先企業

会社名:株式会社NEXER

創業の経緯についてお聞かせください。

 今の会社を立ち上げる前に、学生時代に友人たちと共同で会社を設立しました。結局うまくはいかなかったのですが、みんなで一から作り上げていく起業のおもしろさや問題が起こった際に解決していく楽しさを知り、もう一度チャレンジしようと思いました。このような経験も活かし、ユアルートを設立しました。

事業譲渡を検討したきっかけを教えてください。

 当社は複数事業を展開しており、各事業が拡大するにつれリソースが分散してしまうことに頭を悩ませていました。
 今回譲渡をした記事作成代行事業はきちんと利益は出ていましたが、今後当社単独で成長させていくにはリソースが不十分でした。そのため、記事作成代行事業を本業として取り組んでいる会社に託して伸ばして頂き、当社は事業譲渡で得た資金を自社成長のために振り向けることを考えていました。
 事業の選択と集中という観点から、事業譲渡を検討しました。

実際にM&Aを進める中での弊社の対応はいかがでしたか。

 私は複数の企業と同時に進めるのではなく、一社一社としっかり向き合って検討したいと考えていました。NECキャピタルソリューションさんは、私の考えを尊重していただき、一つ一つのプロセスを丁寧に進めて頂いたのが良かったと感じています。
 また、事業をお譲りする上でお相手に求める条件についてもしっかり聞いていただき、理想のお相手をご紹介いただきました。

お相手(買手)を選ばれたポイントについてお聞かせください。

 最も重視していたのは当社とお付き合いしていただいているお客様にご迷惑をかけないことでした。そのため、事業譲渡後も安心して事業を託せるお相手を探していました。
 今回のお相手は、最初のご面談で記事作成代行事業に対する理解が深いことが分かり、お譲りする企業として理想的だと感じました。

M&Aのプロセスを進めていく中で大変だったことや悩んだことをお聞かせください。

 事業譲渡が実現するかどうか分からない中で事業を運営することが難しかったです。といいますのも、事業譲渡が実現しなかった場合を想定しつつ、今後の事業運営を考える必要もあり、非常に気を遣いました。
 ですので、実際に事業譲渡が決まった時は安堵しました。

これからM&Aを検討される経営者の方へメッセージをお願いします。

 M&Aに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、経営のオプションとして考えることも一つだと思います。私自身も今回の事業譲渡を通して、経営者として何事にも代えがたい経験をしたと感じています。
 まずは、NECキャピタルソリューションさんのような専門業者に相談するのが良いと思います。



M&Aアドバイザリー担当者より

 ユアルート様は軽貨物配送を中心とした物流事業及びITソリューションを軸に事業を展開するベンチャー企業様で、今回事業の選択と集中の観点から記事作成代行事業を事業譲渡されました。
ユアルート様がお持ちになっていた課題に対し、お役に立てたことを非常に嬉しく思うのと同時に、ユアルート様の今後の成長が楽しみです。
ご両社様の今後の益々のご発展を祈念しております。